「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

建築業界に於いての「超長期住宅先導的モデル」の実態・・・?

新築着工件数のデーターを業者の規模別に見ますと、
年間5棟未満の建築業者48.6%、5~10棟が18.5%、さらに10~30棟が21.1%これらの中小零細業者をあわせると、何と全体の88%を上回っております。
「超長期住宅先導的モデル」の基本技術は、住居費の削減に至る技術が優先されるべきにも拘らず
1.スケルトンとインフィルに区分けして、スケルトン75~90年の耐久年数の確保(既存の技術で、劣化対策に対して充分対応が可能)
2.インフィルは、25年周期で大幅改修(設備や耐久性の短い床・壁・天井など大改修を前提としているため、高額の修理費が必要となる)
3.履歴等の作成や定期的なメンテナンス(履歴の保存は修理をするためには重要なことである、ただ定期のメンテナンスに於いて、高額の費用が定期的に要求されることが基本的となる)
このような「超長期住宅先導的モデル」は、福田前総理が打ち出された「住居費の削減」とは、   かなりかけ離れた内容に改ざんされている。
また、国交省の意向に沿った申請書式をつくる能力があれば、ハードルを下げた内容である現状の技術(高額の修理費が掛かる高耐久住宅)でもOKとなっている。
表面上では、中小零細建築業者であっても申請可能である体裁は整えているが、申請書式そのものが極めて難しくなっている他、目に見えないバリアが立ちはだかっているような感じは否めない。
このような状況の中では、「超長期住宅先導的モデル」の申請を独自に提出できるノウハウ及び、申請ができる企業としては、ハウスメーカーや有力ビルダーのほんの一部に限られている。
これまでの審査結果を見ると、第1回の41社、第2回が48社で合計89社が選定され、その  技術内容については、「住居費の削減」には殆んど貢献できない内容であるのは否めない。
このような実態の下では、福田前総理が苦労され立案された「超長期住宅先導的モデル」の原点が見失う事は、誠に残念であると言わざるを得ません。
[PR]
# by hokushin-f | 2008-12-03 11:13

さくら市・栃木市(栃木県)と阪南市(大阪府)の3箇所で、森林浴のできる家が着工される。

さくら市のI様、栃木市のO様、阪南市のK様の遠隔地3箇所で、今月末あたりから、ほぼ同時に着工される運びとなりました。

いづれのお客様も、「森林浴のできる家」の本を書店で購入され、契約着工の運びとなっております。

経済情勢の不透明感と同様に、今後想定されている少子高齢化社会において、これから40数年後には、全く想像できないような社会の到来を政府はすでに想定しています。

このような状況の中、生活防衛は自らしなくてはならない状況は明らかです。
生活防衛=生活費の削減=住居費の削減=建築費+修理費+光熱費が主な削減目標となるでしょう。

住居費の削減には、殆んどの人が気がついていない。
私たちが生きるための生活費は、衣食住にわけることができます。この着る・食べる・住まうのトータルが、生活費となるわけですが、この中で最も高額の費用が掛かっているのが、住居費となるようです。
それでは、住居費について分類してみます。
①建築費+住宅ローンの金利÷耐久年数
②長期にわたっての修理費
③光熱費
④住居が起因となる疾患による医療費
などが上げられます。
「森林浴のできる家」は、ここまで追求した家づくりを提案させて頂いております。
[PR]
# by hokushin-f | 2008-10-18 11:23

中国の富裕層は気が付いている

中国の富裕層は気が付いている.最も大切なもの、それは自身の健康であると…
日本のりんごやブランド米が、何故人気があるのか…? 食の安全=健康を最も重要視しているからではないでしょうか。

中国の留学生の肖さんが「森林浴のできる家」の展示場に来店した時、この家は中国では絶対売れる家だと、言ってくれました。
「何故中国で売れるのか…?」と質問した所、「中国の富裕層はお金より健康に注意をしている」と答えてくれました。

日本の小学生の喘息やアトピー性皮膚炎が40%を上回っている
極端な話ですが、子供さんが二人いるとすると、どちらか一人が発症している状況です。
「森林浴のできる家」は、重症の喘息患者さんが、室内に入った直後に咳が止まる…室内空気環境の「奇跡」が起きている。

空気と自然素材を使った、建築物の「温熱バリア」は、住む人への健康を提供できます。
[PR]
# by hokushin-f | 2008-09-30 21:46

第2回の超長期住宅の申請が終わった。

応募事業提案名:建築物の外皮の温熱バリアを空気で形成する「空気断熱工法」

空気は地球の大気を形成する自然素材です。現在に於ける生命の多様性は、この空気層による地球の温熱バリアの存在無くしては有り得ないのではないでしょうか。
弊社で独自開発した、建築物の外皮の温熱バリアを空気で形成する「空気断熱工法」は、誰もが平等に恩恵を受けられる空気と、自然素材による空気層仕切り板を組み合わせ、建築物の外皮に「自然を取り込んだ温熱バリアの実現」に至っております。
①超長寿命住宅への提案として、空気による断熱工法を提案致します。断熱や気密数値を優先した、耐久年数の短い住宅の根本的改善が、無料且つ、その場で、いつでも使える空気の特性を活かす事によって、超長寿命住宅への実現に貢献できる技術となります。
例えば
・歴史上に存在した、古民家の耐久性に関する重要な要素。
1.耐久性の長い自然素材を使っている。
2.屋内に配管設備が無い。
3.断熱材を使っていない。
・上記の古民家を基本モデルにした「超長期に渡って持続できる家」の基本要素。
1.建築資材を耐久性の長い自然素材を選定する。
2.耐久性の短い部材は簡単に交換できる工夫をする。
3.断熱材や気密シートを排除して、空気と自然素材の空気層仕切り板を使って、建築物の外皮の温熱バリアを形成する。
 古民家の欠陥要素である「寒い家」を空気による温熱バリアで、快適性を維持しながらの耐久性、そして省エネ性、さらに健康面や精神安定効果などが実現できる。
②建築物の外皮の温熱バリアを空気で形成する「空気断熱工法」は、耐久性の短い断熱材や気密シートを全く使わない、これまでの「断熱施工の根底を覆す」省CO2断熱工法。
・在来軸組み工法に適応できる、「耐震気密エアパネル」「空冷ルーフパネル」を開発。既に120棟余の施工実績があり、CO2削減効果が実証されている。
・在来軸組み工法を得意とする、全国の工務店や建築会社で、即対応できる。
・同パネル製作には、間伐材が利用でき、森林組合や製材工場での製作可能。化学物質系断熱材の全面排除と、林業整備や地産地消型の過疎対策に貢献できる要素も併せ持つ。
③資源やエネルギーの浪費を極端に抑える、究極の省CO2技術の特徴。
・自給率100%の空気を利用する「空気断熱工法」は、資源やエネルギーの浪費を抑える他、劣化の無い空気の応用技術は、超長期住宅の実現に貢献できる。
・冬期に於ける断熱保温性能は、空気の粘性と摩擦抵抗によって対流放熱が起きない空気層と、空気の熱伝導率の低さから断熱保温性能を発揮する。
・夏期の蓄熱現象の抑止は、輻射熱による発熱が半減する空気特性から得る事ができる。断熱材の別称=熱伝播遅行型熱吸収材料の蓄熱現象状態を減少緩和ができる。
④建築物外皮の空気温熱バリア「空気断熱工法」のアピールポイント。
・冬期の断熱保温と夏期の輻射熱抑止は、空気が持つ特性を活かす環境技術。
夏期の蓄熱現象の改善は、ヒートアイランド現象と電力需要のピークを抑えられる為、地球温暖化防止に貢献。
・空気層による壁内結露の解消は、木質系の建築物の超長寿命化を実現。
空気の温度差による、湿度の増減変化に対応できる。平衡含水率を維持できる自然素材の選定によって、壁内結露が全く生じない断熱構造となる。
・化学物質文明による室内空気汚染の改善は、人体への有害物質負荷減少へ貢献。
重症の喘息患者が室内に入った直後「咳が止まる…」などの効果が見られる。さらに、朝目覚めた時「頭がスッキリする…」などの、精神安定効果が実感できるなど、数値では表すことのできない生態的評価を受けている。
・各種断熱材や気密シートの排除から、断熱材等の製造から廃棄までの資源やエネネギーの浪費を無くし、低炭素社会の構築へ貢献できる。
40坪程度の戸建の木造建築物に於いて、断熱材16~40㎥、気密シート400㎡の削減が実現できる。
[PR]
# by hokushin-f | 2008-09-13 18:41

PCT出願ができました。

ようやく懸案であった、PCT国際特許の提出日が8月6日までだったので、この数週間これに掛かりきりになっていました。
ようやく昨夜、提出が終わった状態です。

群馬県では、暑い日が続き、さらに異常とも思えるような豪雨が日常的になっています。

この様な環境異変が身近に感じ取れる段階に至っています。

化学物質からつくられる断熱材や気密シート、省エネ優先の人工的住環境との違いが、私自身もようやく解かってきたと思います。

自然素材と空気の組み合わせによる、温熱バリアは、室内空気環境の安全性をお約束できます。
[PR]
# by hokushin-f | 2008-08-07 11:13

人類は、自然をうまく使って、生き残ってきた。

空気断熱について、チョット一言

私自身、最近気が付いた事ですが、空気と言う自然素材を使った、建築物の温熱バリアを設けた技術は、私たち生態の一部が、忘れかけている自然を応用する知恵、そのものではないかと感じ始めています。

壁面や屋根面の直接目に触れない部分に隠された、化学物質を応用した断熱材や気密シートは、省エネ性能のみを考慮した、欠陥技術であると言わざるを得ません。
その結果、喘息やアトピー性皮膚炎、化学物質過敏症など、これまでの経緯から健康被害は増加の一途をたどっています。
さらに、「キレル子供たち」や犯罪の低年齢化や凶悪化など、精神的な様々な問題にも、因果関係を感じます。

人間が生きるための衣食住において、
・食べ物は、人類発祥の過去から現在まで、全て自然素材からの摂取です。

・衣類も自然素材がより好まれます。例外として、化学系の防寒着などがありますが、シャツや 肌着、空気層で皮膚に直接接触していません。そして、呼吸するための鼻や口はふさがれて 居ない状態です。

・建築物の外皮の温熱バリアを化学物質で、囲ってしまったら、そのような家が高性能な家だと 信じきっているとしたら、身体的、精神的に見えにくい大きな負担となるとしたら、悲劇的な断  熱工法と言えるのではないでしょうか。

空気と空気層を仕切り板に自然素材を使うと、これまで私たちが生きるために応用してきた自然の温熱バリアとしての活用が「空気断熱工法」で実現しています。
「森林浴のできる家」は、お施主様のご期待に沿う、自然を活かした温熱バリアが、健康面や精神面、さらに、光熱費や耐久性など、全てにわたって貢献できるものと確信しています。

超長寿命住宅は、残念ながら無視されました。
教員汚職とほぼ同類の審査方法としか思えません。
国交省に人脈があるからと、豪語していたM社は、柱を太くしただけで採択されています。
8月に2回目の申請受付がありますが、迷っています。
[PR]
# by hokushin-f | 2008-07-18 17:57

人類は、自然をうまく使って、生き残ってきた。

空気断熱について、チョット一言

私自身、最近気が付いた事ですが、空気と言う自然素材を使った、建築物の温熱バリアを設けた技術は、私たち生態の一部が、忘れかけている自然を応用する知恵、そのものではないかと感じ始めています。

壁面や屋根面の直接目に触れない部分に隠された、化学物質を応用した断熱材や気密シートは、省エネ性能のみを考慮した、欠陥技術であると言わざるを得ません。
その結果、喘息やアトピー性皮膚炎、化学物質過敏症など、これまでの経緯から健康被害は増加の一途をたどっています。
さらに、「キレル子供たち」や犯罪の低年齢化や凶悪化など、精神的な様々な問題にも、因果関係を感じます。

人間が生きるための衣食住において、
・食べ物は、人類発祥の過去から現在まで、全て自然素材からの摂取です。

・衣類も自然素材がより好まれます。例外として、化学系の防寒着などがありますが、シャツや 肌着、空気層で皮膚に直接接触していません。そして、呼吸するための鼻や口はふさがれて 居ない状態です。

・建築物の外皮の温熱バリアを化学物質で、囲ってしまったら、そのような家が高性能な家だと 信じきっているとしたら、身体的、精神的に見えにくい大きな負担となるとしたら、悲劇的な断  熱工法と言えるのではないでしょうか。

空気と空気層を仕切り板に自然素材を使うと、これまで私たちが生きるために応用してきた自然の温熱バリアとしての活用が「空気断熱工法」で実現しています。
「森林浴のできる家」は、お施主様のご期待に沿う、自然を活かした温熱バリアが、健康面や精神面、さらに、光熱費や耐久性など、全てにわたって貢献できるものと確信しています。

超長寿命住宅は、残念ながら無視されました。
教員汚職とほぼ同類の審査方法としか思えません。
国交省に人脈があるからと、豪語していたM社は、柱を太くしただけで採択されています。
8月に2回目の申請受付がありますが、迷っています。
[PR]
# by hokushin-f | 2008-07-18 17:55

「森林浴のできる家」の本をお読みいただいた手紙文です。

早速「森林浴のできる家」の本をお読みいただき有難うございます。
この本の中で、あまり詳しく書けなかった部分を家づくりの提案 その1とその2の簡単な資料を基にお知らせできればと思います。
私たち人間が生きるための要素として、食べ物と衣類と住居が必要です。そして、この衣食住とは別に空気と言う、普段全く気にしていない空気の質に注意していただかなければなりません。
①食べ物には敏感に反応します。
②衣類は自然素材を好みます。
③住居は大きさやデザインに目を奪われがちです。
体内に入る①の食べ物には当然ですが、最善の注意を払わなければなりません。②の衣類については、さほどの問題が起きないのは、皮膚や感性で即反応ができるからだと思います。
例えば、防寒着や雨カッパなどは、化学系の素材であっても下着やシャツとこれらの周りの空気層などが自然素材であれば、鼻や口の呼吸器官が塞がれていなければ、防寒機能やファッション性に趣を置いても殆んど問題はありません。
現在の住居は化学物質の応用技術の成果そのもの・・・!?
ご存知のとおり、ウレタン塗料で仕上げられた床材や塩ビシートの枠材。ビニールクロスによる壁や天井。さらに見えない部分で使われる、化学系の断熱材や気密シート。このように化学物質の容器をつくり、その中での生活をしなければならないとしたら、強制換気システムによる室内空気の入れ替えは、生態を無視した家づくりの換気必需品とならざるを得ません。
高気密高断熱住宅+強制換気システムの家は、生態の一部に過ぎない私たちが必要とする住居とは、あまりにもかけ離れた家づくりではないでしょうか・・・?

弊社で独自開発いたしました「空気断熱工法」と、自然素材の応用は、
①人間の五感では察知できない「見えない危険」である有害化学物質から開放されます。
②建築物の長寿命化は、住居費の大幅削減ができます。
③無駄を無くす家づくりから、エネルギー削減と環境保護への貢献となります。

政府が日本の社会構造の大変革を想定しております。少子高齢化が極端に同時進行する我国の状況から、現状の住居費の負担に耐えることができない状況が想定され「200年住宅構想」の提唱と言う形で、130億円の予算組みに至っております。
「森林浴のできる家」+「空気断熱工法」は、最低限の修理費で100年以上持続できる家をテーマに研究開発して来ました。今回の「200年住宅構想」は75~90年の耐久性の想定と修理費がいっぱい掛かってしまう家づくりへと、政府の施策を大きく歪曲させている状況です。

30年間で一千万円の省エネ効果を発揮できる、究極の省エネ住宅が高崎市京目町にございます。いつでもご案内できますので、ご確認下さい。
今後も家づくりに関する提案させていただきますので、よろしくお願い致します。
[PR]
# by hokushin-f | 2008-06-21 17:47

究極の自然を活かした省エネ住宅とは、

省エネ住宅の省エネ数値は、現在の所、C値やQ値など、計算式による又は、気密測定による検査数値でだされ、実際に使われての実用省エネ数値ではありません。
ここに大きな落とし穴があることにほとんどの人が解かっていません。断熱や気密数値を優先した結果、自然を必要とする私たち人間にジワジワと有害化学物質が侵食してきているからです。
虫が住めない家→虫が死んでしまう家は、結果的に人体にも大きな負荷がかかることになります。人類は自然素材の応用で現在の繁栄を築いてきました。化学物質の住いへの応用技術は40年前後しかありません。
空気という自然素材と、内壁及び空気仕切り板を自然素材に限定することによって、全く違った自然環境型の省エネ住宅が可能です。
「空気断熱工法」の自然を実用化した省エネの実態を実証することは、環境問題に直面している中で、大きな意義を持つことになります。
[PR]
# by hokushin-f | 2008-06-08 12:07

「省エネ住宅ラリー」の実現へ向けて、

NPO消費者支援ネットワーク長野支部では、住居におけるCO2の削減を目的とする「省エネ住宅ラリー」の実現へ向けて、月例会議を信州大学山下研究室の支援の下、開催を続けてきましたが、いよいよ実現可能の状況となり、さらに詳細を詰め、11月を目安に実行へのタイムスケジュールが組み込まれました。

省エネ住宅の省エネ数値は、現在の所、C値やQ値など、計算式による又は、気密測定による検査数値=現在の施工方法では数10年前後で、性能劣化が予想される。などによって「省エネ住宅」とされ、実測数値が出されていないのが現状です。
山下教授曰く「実証データーなくして、省エネと言う資格なし」のとおり、省エネの実態を実証することは、環境問題に直面している中で、大きな意義を持つことになります。
[PR]
# by hokushin-f | 2008-05-17 17:59