津南町に大黒柱を運ぶ   MF邸の基礎工事

昨日、新潟県の津南町に行ってきました。台風11号の影響があって雨が降ったりやんだりの天気でした。津南町は新潟と長野の県境にあるものすごい豪雪地帯です。中越地震で被害の大きかった山越村から30Km位のところです。今回の地震では、震度5強でしたが被害はほとんどなかったようです。

津南町には、年5~6回行っています。本当は時間さえあれば毎週でも行きたい所です。それは、空気と水と食べ物のうまさが全て最高! その上温泉が町中のいたるところにあり、飯山線津南駅の駅舎の2階も日帰り温泉になっているくらいです。
空気は国道117号線(通行量は少なめ)以外、ほとんどが森林浴ができる空気環境。そして、天然水が凄く良い! 魚沼産のコシヒカリがお米の最高ブランドになっていますが、魚沼産の中でも最高の美味しい米が、綿屋さんで手に入れることができます。
農協スーパーに行くと、津南牛乳が普通の牛乳と味がまったく違う。また、地元の野菜やキノコを買ってくると美味しさが実感できる。
昼は津南の隣町にある、由屋さんのそばを食べる「へぎそば」これも本当に美味しいそばです。

今回津南町に来た目的は、Nプレカット工場にけやきの大黒柱を8本運ぶためです。それと加工や仕様など工場長と打ち合わせ。早々に打ち合わせが終わり、天然水をペットボトルに汲みに行きました。1時間半くらいかかり、それから信濃荘に行って温泉に入る。これが最高の泉質で入ると肌がつるつるに。なんとも言えないいい気分。そして夜は、松海寿司さんへ。とにかくネタが最高そしてシャリも絶品! 米が良いと寿司の味がこんなにもよくなるのか不思議な気持になる。
その後T住宅の社長にあって MF邸の打ち合わせを少ししてから、高崎へ到着が23時半ごろ。仕事兼チョット贅沢な一日でした。

MF邸の「耐震ドライピット基礎」工事の鉄筋工事と外周パネルの施工状況です。
e0024795_1840164.jpge0024795_18403250.jpg







e0024795_18404838.jpg
[PR]
by hokushin-f | 2005-08-26 18:52 | 地震に強い構造
<< 「基礎の話」続きます。MF邸の... TI さんの敷地条件や家族構成... >>