<   2005年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧

先日の「新建ハウジング」メールニュースの続きです

 国が発表した、「地震防災対策に関する特別世論調査」の結果は、64.4%人達が「起こる」「起こる可能性は高い」と思っている。確かに阪神淡路大震災に続き、新潟中越地震で、多くの人的被害や生活基盤の徹底的破壊を目のあたりにする事で、大多数の人達の不安は計り知れないものがあります。

 前回も述べたように、「耐震」がいいのか? 「免震」がいいのか? の問題になると思う。弊社で開発した「耐震ドライピット基礎」は、直下型の縦揺れを始め、横揺れに対しても、壊れにくい構造とコンクリート強度で、耐震の対応をしている。

 大きな建物や高層な構造物には、免震構造がより大きな地震対策になるし、耐震型で設計すると構造的にごつくなり、建築費用も高くなってしまう。
 戸建の一般住宅においては、免震装置が耐震構造より割高になるのは明らかであるし、現在の所では、横揺れに対する対処しかできていない。そしてこの免震装置はオプションであり、追加施工料金は、数百万円とかなり高額である。

 そして、基礎構造ばかりではなく構造躯体も「耐震気密エアーパネル」を自社開発している。この「耐震気密エアーパネル」は、頑丈な「耐震ドライピット基礎」と組み合わせられることで、この二つの耐震コンビが、直下型を始めとする激震に耐震能力を発揮できる家つくりとなっている。
基礎と構造躯体で、これほどまでの耐震性能を発揮できる住宅は、他に類を見ないのではないでしょうか。
 しかも「森林浴のできる家+全室床暖房」の家は、これら万全の耐震対策が、何とオプションなしの標準工事であることが、他の住宅メーカーとは、根本の違いが際立っている。

 「耐震気密エアーパネル」は、地震に対して頑丈な機能を発揮するばかりではなく、もう一つの大きな性能を持っている。
 (財団法人)建材試験センターによって、高性能な断熱性能の立証を得ることができ、誰もが発想できなかった、空気のみの断熱を実現化しています。

 次回はこの「耐震気密エアーパネル」の断熱材をまったく使わないで、空気による安全かつ、生態(人間)と、環境に優しい断熱システムを紹介したいと思います。
[PR]
by hokushin-f | 2005-09-30 20:47

行政ニュース 新建ハウジング メールニュースから

 行政ニュース メールニュースから

≪≪≪国は9月26日、「地震防災対策に関する特別世論調査」の結果を発表した。大地震の起こる可能性については、「起こる」「起こる可能性は高い」と思っている人が64.4%おり、1997年に行った「防災に関する世論調査」時の36.2%から大幅に増えていることがわかった。
 調査は、全国の20歳以上を対象に、今年8月11日から21日にかけておこなったもの。
 耐震診断や耐震改修の実施については、「診断・改修の両方を実施」が5.6%、「どちらもおこなったことはない」が81.5%だった。≫≫≫

住宅の地震対策といえば、耐震と免震の2つに大別できると思う。耐震は地震の揺れに対して強度を発揮できる構造。
免震は、地震の揺れを緩やかにする装置で、地震が発生するたびに、よくTVコマーシャルで流されている。
この免震装置は、「横揺れ」に対してはかなりの性能が発揮できる。TVコマーシャルで実験状況を放映しているため、お解りだと思う。
「横揺れ」に対しての免震も重要ではあるが、しかし、地震は横揺ればかりではなく、「縦の揺れ」、すなわち≪直下型地震≫が大きな被害をもたらす事になります。
そして、この免震装置はオプションであり、追加施工料金は、数百万円とかなり高額です。

≪地震の脅威に対してもっと違った取り組みと考え方を!≫

直下型地震の強力な縦揺れに、壊れにくい基礎構造がまずは建物の足元を守る。新潟中越地震で倒壊率が極めて低かったのは、基礎コンクリートが雪国仕様で、高さがあり(車庫や物置に使用)頑丈に作られていたことに注目するべきです。
中越地震で倒壊している建物は、基礎が普通(公庫基準的な基礎)もしくは古い建物なので、普通以下の悪い基礎に限定されています。
e0024795_1682645.jpg





「耐震ドライピット基礎」は、高強度なコンクリートで、ベースと布基礎部分が一体で打設されるため、万が一の洪水でも、基礎天端を越えない限り、床下浸水を防げます。


e0024795_1694767.jpg
「耐震ドライピット基礎」は、直下型地震の強烈な縦の揺れに対しても、壊れにくい構造の設計であり、尚且つ、コンクリート強度240~270Kg/c㎡の生コンで打設されています。
一見同じように見えるコンクリートも、強度の違いは無視されたり、あるいは、意図的に安い生コンを使って、無理やりコストの削減をしているのが、隠された常識だと思ったほうがいいのではないでしょうか。


次回は、頑丈な「耐震ドライピット基礎」と「耐震気密エアーパネル」の組み合わせによる、「森林浴のできる家+全室床暖房」の家の地震に対する、強力な取り組みを紹介します。
[PR]
by hokushin-f | 2005-09-28 16:42

高齢者介護施設の工事は順調に進んでいます

9月1日の続きです。群馬町保渡田で工事中の(株)あい華さんの改造現場に行ってきました。間仕切り変更のための壁や天井などの補強や、電気配線工事など、床暖房配管が終わりカリンの床材が張られて、養生が施されている現場状況でした。
e0024795_224352.jpg


工事途中の外観












e0024795_225171.jpg

化粧梁で補強した
吹き抜け天井












e0024795_2253273.jpg



銅パネル・シームレス銅配管の
廊下の施工状態









先日のテレビ番組で、
老後の不安  ある  83%
          ない  14%  
                    老後の年金があてにならない。

このようなデーターを放送していましたが、たしかにその通りだと思います。
なんと言っても、国民の8割以上の人達が老後の不安を抱えているわけですから、大変な事ではないかと思います。

今回の介護施設 (デイサービス) では、介護を要する高齢者の方たちに、主な三つのサービスを強力に推し進めていきたいと思います。

① ストレスがたまっている、要介護高齢者にストレスを発散させる工夫。
② 岩盤風呂の遠赤外線効果で、細胞の活性化の促進。
③ オムツをあてる介護から、オムツをあてない介護への実験的試み。 

そして、上記のサービスを定年退職後、元気で動き回っている人達のボランティア活動による運営を考えています。

2007年問題のひとつとして、団塊の世代の大量退職者が予想されます。いままで現役で働いていた人達の多くが、これからの人生に少なからずの戸惑いと、これからの日常生活の過し方に何らかのお役に立てたいシステムの構築を考案中です。

要介護高齢者のストレスの発散方法や、岩盤風呂による細胞の活性化。オムツをあてない介護などについて、詳細はこのブログで順次紹介したいと思っています。
[PR]
by hokushin-f | 2005-09-26 22:10

今朝のTVニュースから、愛地球博の来場者が2200万人を突破

愛知万博こと、愛地球博の入場者数が2200万人を越えたとニュースで報じていました。このときのコメントで、≪欠如は科学の進歩で埋められる≫ から ≪欠如は欠如として見直す≫ へと、大きな変化をした万博としている。

昨今、大きな気象変化もごく身近な話題として、アメリカの巨大ハリケーン・ヨーロッパの砂漠化現象・日本での集中豪雨など、その大きな原因が石油をはじめとする化石燃料の大量消費ではないかと言われています。有限である地下資源は、原油価格の高騰を招き、人間社会の不安に、少なからぬ影響を与え貧富の拡大に拍車をかけます。

私たちが生活するために使うエネルギーは、地下資源ばかりでなく、空気中の酸素の大量消費と言う問題が隠されています。
内燃機関である自動車は、ガソリンだけでは動きません。ガソリン1に対して14~5倍の空気を消費しているそうです。最新のクリーンエンジンでは、何と60倍もの空気を消費する技術が開発されています。
クリーンエンジンは空気の消費が大きい。排気ガスも空気が多ければ、排ガス濃度は当然薄くなります。何となく怪しい原理のクリーンエンジンに感じられます。

車を乗っている人で ≪空気中の酸素≫ を消費している感覚の人は、ほとんどいないのではないでしょうか?
なかなか難しいことではあるけど、我々ひとり一人が省エネに徹底して取り組まなければならないと思う。
≪10分間のアイドリングをストップ≫ する事で、ドラム缶95万本/年が節約できると公共広告機構がTVでPRしています。
ガソリンの消費は経済的にすぐ理解できますが、空気中の酸素の消費は、目に見えないし理解もし難い。しかし、着実に環境変化をどんどん加速させています。
先に述べた異常気象も、ますます増え続ける酸素消費が、環境変化の警鐘をならしているからではないでしょうか。

次世代を担う ≪豊かすぎる若い人達≫ に、近未来 (自分たちの子供や孫の時代) を憂慮し、 ≪ロハス≫ の感覚の車の使い方を始め、「節約」 する生活習慣を身につけたいものです。
「森林浴のできる家+全室床暖房」 の家は、≪最低限の修理費で100年以上持続する家≫ をはじめ ≪夏は我慢できる暑さ≫ そして ≪冬は低温で超快適な床暖房≫ また ≪老後自己防衛しながら一生住める家≫ など、ロハスの感覚な家つくりに徹しています。
[PR]
by hokushin-f | 2005-09-24 20:30 | 「ロハス」な家つくり

今日は新潟県の「魚沼ビジネス交流会」に参加してきました

朝10時半、あいにくの雨の中、関越高速で赤城サービスエリア辺りから、かなりの霧がかかっていた。関越トンネルを抜けると薄日もでて、まあまあの天気。紅葉の気配はまだまったく感じられず、風が強いせいか葉っぱの裏の白っぽい緑が、普段と違った景色をつくっていた。

今回の「魚沼ビジネス交流会」は、初めての参加であり、どんな内容になるかと、興味津々であった。
参加企業は127社、145名が参加。新潟県外からの参加が28社。県内から48社と地元の企業。
今回で5回目になる交流会は、昨年の市町村合併のための休会を経て、一段と盛況の様子。

交流会は10人規模の小グループにわかれ、各社の自己PRが3分程度、残り時間は質問をし合いながら45分で終了。
そしてメンバーをチェンジして、このグループ別交流会を3回行った。結果として、30社に近い人達と名刺交換ができ、自己PRも行えるなかなか効果的なシステムであると思う。
そしてその後、実行委員会があらかじめ用意した資料を基に、面談したい企業があれば、呼び出しコーナーにて面談ができるシステム。私もS建設の環境事業部Sさんの面談申し込みを受け、20分ぐらいお互いのアピールができました。
このようなまったく初めての人達の出会いを企画し、ビジネスチャンス生み出そうとする行政の姿勢とアイデアには敬意を表したい。

e0024795_1705114.jpg

ロビーは各社の展示物が並ぶ












e0024795_1712338.jpg

10人単位の
丸テーブルが
所狭しと並ぶ











e0024795_1715716.jpg

魚沼ビジネス交流会の会場風景

地元の食材ばかりを選んで、近所の奥様方が腕によりをかけた料理。
とにかく美味しいものが食べきれないほど並ぶ、立食パーティ。

e0024795_1745350.jpg















今日の読売新聞 ≪ビジネス&ライフ≫ (群馬)版の ≪トップインタビュー≫ に 『森林に近い空気環境を実現』 と記事を載せて頂きました。読売新聞を取っていましたら是非記事を読んでください。
[PR]
by hokushin-f | 2005-09-22 23:40 | 旅日記

毎週月曜日に営業会議を定期的に行っています

毎週月曜日は営業の定例会議です。一週間ごとの営業経過報告と、それぞれが接客し、そのときの会話内容など、できるだけ詳細に報告しあっています。
あまり差し障りのない話がほとんどですが、意外と何気ない話の中から、お客様のニーズがチラチラ見えてくるときもあります。

あるお客様が、無垢の床材について 「無垢材は伸び縮みするため、床のつなぎに隙間ができ、ホコリが入ってしまうため掃除が大変ですよ」 と、他社の営業マンに言われたそうです。
確かにそのような事を言われれば、隙間が開かないほうがいいと思ってしまう人が、ほとんどではないかと思います。私自身ももちろん隙間のない床を希望します。

しかし、無垢の床材には計り知れない能力をいっぱい持っています。その一つとして耐久性が長い。木の種類によって差はありますが、カリンの床材では800~900年の耐久性があると言われています。木の質が柔らかな杉材でも数百年は充分持ち応えるでしょう。

一般に出回っている人工的に加工されたフローリング床材は、25年か、せいぜい我慢しても30年位しかもちません。そして、床材を貼りかえる工事は数百万円もの費用が必要です。このように床材の耐久年数の短さが、しいて言えば日本の住宅の寿命の短さの一因をつくっています。

≪木はずうーと生き続ける≫ これは凄い事です。生きているから伸縮したり、反ったりねじれたり、ひび割れも起きたりします。

以前にも≪醜いアヒルの子≫で紹介したように、最初は新建材のフローリングはものすごくきれいに見えますが、5年もすると無垢の床材は自然のきれいさを発揮して、大逆転してしまいます。また、素足に直接感じる感触も大きくちがってきます。

営業はなかなか ≪木が持つ秘められた能力≫ をお客さんに理解していただけません。このような違いをお客様に解かりやすく説明し、理解を得るのが営業の仕事です。

営業会議は、お客様のニーズと信頼を得るための勉強の場です。≪森林浴のできる家+全室床暖房≫ の ≪環境に優しい技術≫ を如何に理解してもらえるかを研究課題にがんばっています。
[PR]
by hokushin-f | 2005-09-20 19:41

「ロハス」な感覚の家つくり

昨日、今日、明日と3連休になるため、展示場への来店されるお客様も、いつもの休日より多めになっています。
 先ほどお話したお客様にも、家は「誰のために誰がお金を負担して」建てるのかを話し合って見ました。

(お客様)
限られた予算で最高の家がつくりたい。そのために展示場をまわったり、いろいろな資料を集め、それなりに検討している。
(私)
お客様は家つくりにおいて、どこにポイントを絞っていますか? 例えばデザイン性やカラーコーディネイト。家の大きさや広さ、坪単価など、その他健康・省エネ・耐震・耐久性などの性能面などでしょうか?
(お客様)
もちろんそういう事全般に興味はあります。健康・省エネ・耐震・高耐久については、ハウスメーカーはじめ建築会社が研究しているのだから、ある程度は問題ないのでは?
 どちらかと言うと、やはり予算面が一番気になりますよね! そして広さも家族が、それぞれ余裕が持てた広さが確保できれば理想ですね。それと、デザインや間取りなんかも変わっているほうが面白いかもしれない。
(私)
 お客様が希望して、重点を置いているのは価格面と何となく大きめの余裕あるスペース、そしてデザインのほうに気持が向いていますね。
 確かにほとんどの人達が、広さや大きさ、明るくてきれいな家を希望されます。それに応えるのが家つくりをする我々の使命かな??? しかし、お客様の要求するニーズにあわせた家には問題はないのか? ここに問題がある。

 だから、あえてお客様に違った視点での家つくりを提案したいと思う。
≪最低限の修理費で100年以上持続できる家≫
≪老後自己防衛しながら一生住める家≫
 人にはそれぞれの事情が必ずある。子供たちや親の問題など様々ではあるが、当面の問題として大きなプレッシャーがかかってくる。
 しかし、ここでよく考えて見よう。歳を取ったら夫婦二人きりになる可能性はかなり高い。現実に高齢者世帯はどんどん増えていくばかりだ。高齢者になって高額のリフォーム費用を騙し取られた問題も報じられている。
 収入がなくなる高齢期に、修理費がいっぱいかかる高耐久住宅では大変な事になるのでは?  老後自分を守ってくれる家つくりの方法に是非興味を持っていただきたいと思います。

 「ロハス」の価値観を持ったら、賢い消費者になると思う。 ロハスとは、環境に配慮し、ゴミを少なくする努力や、物を長持ちさせる工夫。そして、省エネを自ら積極的に実行するなど、「森林浴のできる家+全室床暖房」の家の「環境にいい暮らしを心がける」まさに、ロハスの思考その物といえます。
[PR]
by hokushin-f | 2005-09-18 18:28 | 「ロハス」な家つくり

空気ほど大切なものはない。そして、水・食べ物も同様である

 今日は、高崎市の小鳥町にある ≪餃子村≫ にお昼を食べに行ってきました。昼食はいつも2~3時と混雑を避けると言うか、夕食が10時過ぎと遅いため、時間的バランスをとるための習性になっています。
≪餃子村≫ のマスターのこだわり餃子はとにかくうまい。何年か前からこの店の餃子を食べるようになってから、たまに他のラーメン屋さんに行っても、ほとんど餃子を頼まないように自然となっていた。マスターが先日、「うちの餃子は何もつけなくても美味しいよ」と言われ、今ではラー油や醤油、酢などは一切つけないで、新しい感覚の食べ方でとっても美味しくいただいている。

食べ物はつくり手がこだわりを持っていると、同じ材料を使ってもかなり味が違ってくる。料理をつくるとき、意外と盲点になっているのが、水の良し悪しではないかと思う。
魚沼産のコシヒカリが美味しいのも、水が大きく関係してくる。そして、もうひとつ重要な要素が空気の質である。山間部の空気は、日中の気温と朝方の冷え込んだ空気の温度は、かなりの差が生じる。
ここでご理解いただきたいのが、≪空気の湿度容量≫です。空気は温度が低いと湿度容量は小さい。そのために起きる、結露現象や朝露現象は身近に起きる現象です。また、空気の温度が高くなると湿度容量は大きくなります。100℃前後もあるサウナの空気は、カラカラの乾燥状態です。

自然界で見られる≪朝露現象≫や≪かげろう現象=蒸散≫は、空気の質をマイナスイオン化します。秋になると、昼間は残暑で暑くなりますが、朝方かなり冷え込んできます。この空気の温度差でマイナスイオンが増えると、さわやかな秋の空気が感じ取れます。

長野県や山梨県の果物が甘く美味しいのも、昼夜の温度差が生み出すマイナスイオンが多い空気環境が、大きな影響を与えているのではないでしょうか。

e0024795_18442983.jpg新潟県と長野県の県境にある天然水。
地下1000mから自噴する水量は 8t/毎秒。






≪空気ほど大切なものはない≫ そして、空気の質に大きく違いがあるのを「ロハス」の感覚で認識してもらいたいと思います。
[PR]
by hokushin-f | 2005-09-16 18:54 | キレイな空気で暮らす

喘息・アトピーは、社会的な大問題

昨日のNHK朝番組「生活ほっと」に、喘息について放送されていました。放送内容は、喘息患者が150万人と、非常に多くの人達が苦しんでいる。喘息の原因物質やそれに伴う気管支の収縮、私たち生態が持つメカニズムをわかり易く解説しています。
そして、喘息の幼児を持つ家庭でのハウスダスト対策も紹介されていました。対策として、じゅうたんの部屋から畳の部屋に移る。ベットを使い床から50cmの高さを確保する。掃除機をこまめにかけ、掃除の邪魔になる物等をかたづけ、ホコリのたまる場所などをつくらない。そのほか、布団の干し方を工夫するなどお母さんの大変な努力のもと、小さな子供さんの症状がかなり改善される内容で、最後まで見入ってしまいました。

≪喘息の原因物質であるハウスダストとは?≫
室内の空気中に浮遊するダニの死骸や糞、カビなどを指します。ミクロン単位の目に見えにくい大きさで、わずかな空気の移動でも反応し、空気中に舞い上がり浮遊します。

≪空気中に陽子が多い状態だと、ハウスダストの浮遊率が高くなるわけ?≫
空気中の湿度=水の粒子の空気接触面に陽子が多い空気環境の場合、ハウスダストの空気接触面の陽子と反発しあうため、当然ハウスダストの浮遊率は高くなる。

≪ハウスダストが増える室内の条件とは?≫
夏はダニが大量発生する。湿度と温度が高いと、カビが発生しやすい条件ができます。カビが発生するとこれを餌にするダニが発生。このダニを餌にするダニも発生し、食物連鎖が起きる。
また、冬季に於いても窓ガラスが結露するような家は、壁や天井のビニールクロスが湿気を帯び、カビが発生しやすい環境が生まれる。冬でも部屋全体を暖房するのがあたりまえとなったため、当然の事ながら、カビやダニが発生しハウスダストが増える住環境になっています。

このようにハウスダストが1年中増えやすい住環境に、人間の技術や都合によって、無理やりつくられてしまっているのではないでしょうか。
ハウスダストの基となるカビの発生は、自然の素材がいとも簡単に少なくしてくれます。また、空気の質を電子が多くなる状態をつくることも重要課題です。

喘息で苦しんでいる方、「森林浴のできる家+全室床暖房」の家の空気の質を体験して見ませんか? その場で空気の質の違いが実感できます。アトピーでお悩みの方、喘息と違って反応はすぐでませんが、空気の質の違いが体質改善に大きく貢献できます。

「24時間強制換気システム」は、人工的環境を維持するために、多くの資源やエネルギーを浪費しなければなりません。「ロハス」の思考には、まったくそぐわないと思いませんか?
環境 LOHAS 9月7日に続きます。
[PR]
by hokushin-f | 2005-09-14 20:47 | 健康な家に住みたい

先週、MF邸の本体をドライピット基礎に新しく取り付けた土台に吊り上げ固定しました

今日は衆議院選挙です。皆さん行って来ましたか? 私は郵政改革云々よりも、少しでも環境がよくなればと願いつつ、一票を投じてきました。

先日、MF邸の本体(推定70年前)を2台のレッカーを使って、耐震ドライピット基礎に取り付けた土台に、据付が完了しました。
今回の70年風雪に耐えてきた家をリフォームによって、さらに100年以上持続できる家に改造するための、最も大変な工程となります。

                                 MF邸の本体をレッカーで吊り上げる様子。
e0024795_1913124.jpg








e0024795_19105190.jpg










新しく土台伏せをした上に柱を据え付けていく
状態。


MF邸は改造前はFLから40cm程度。
改造後は98cmと約60cm高くなった。


e0024795_19143517.jpg








MF邸の改造工事を担当してくれる新潟県津南町の(有)津南住宅と北辰住宅技研の関わりあいの話を少々したいと思います。

当時私は、住宅設備の仕事が独立して9年経っていました。難関であった、高崎市の指定水道工事店も5年くらい前に取得し、仕事は休む間もないほどたくさんある状況でした。
年中無休状態の中、家族サービスが夏は海水浴。冬がスキーと新潟へ行くのが通例になっていました。そして、その時いつも寄らせてもらう家が、津南町にある妻の叔父さんの家です。

叔父さんの家は「せがい造り」と言う立派な造りの家です。これは、室町時代から続く伝統工法で、当時の都の船大工が、船づくりの技術を住宅に応用したと言われる豪壮なつくりです。

関東地方の家しか見たことの無い私にとって、この「せがい造り」は、まったく別世界の建物と思ったのが当初の印象でした。
豪雪のため冬でも湿度が高い津南町では、化学系の建材では、住環境も湿気の問題から、対応できない厳しい気候条件だと思われます。
いま考えると、このような気候風土から木の特質を生した、昔ながらの伝統工法が現在まで、新潟と長野の県境にある津南町に残り続けた大きな要因ではないかと思います。

そして第二の驚きは、「せがい造り」の建物単価が非常に安かった。安いと言うより、同じ金額の家を群馬県の高崎でつくったとしたら、家の造りがまったく違った家になってしまう。
住宅の価格が普通であっても、基礎の高さや柱の太さがまったく違う。(雪国仕様)こんなゴッツイ家を群馬でつくったら、つくった人には必ず喜んでもらえると確信するまでになっていました。

この続きは次回に
[PR]
by hokushin-f | 2005-09-11 19:37 | 地震に強い構造