<   2005年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

耐震強度偽造問題は建設業界の基本的体質

 千葉県市川市の姉歯建築設計事務所がかかわった一連の構造計算書偽造問題で国土交通省は11月24日、同事務所の姉歯秀次・一級建築士に対し、構造計算書を偽造した動機など弁明を聴くための聴聞会を開いた。姉歯氏は、問題となっている21棟について、構造計算書の偽造の事実を全面的に認めたという。

 およそ1時間行われた聴聞会では、偽造の経緯に関して、「鉄筋の量を減らすよう指示され、できないと言ったら、他の事務所に変えると言われた」などと話し、3社の取引先名を挙げたという。
11月24日 新建新聞社 メールマガジンから。

 建設業界の悪い部分を例にあげると、過当競争の受注合戦の中、単価を下げての受注がなりよりの営業結果となるため、価格は下がる傾向が強くなる。
 大手ゼネコンは、談合体質で価格低下の歯止め策をとらざるをえない状況下に置かれ。ハウスメーカーをはじめ一般の地場の工務店さえ、ローコスト住宅へと対応をしなければならない。
 この業界のやり方として、安い仕事を請けることで仕事量を確保し、請負金額から自社経費を抜き取り、余った金額を下請け業者に振り分ける。下請け業者は振り分けられた金額の範囲内で採算を取ろうとするため、なるべく手間隙や余分な資材がかからない工夫の度が過ぎると、このような結果になってしまう。

 下請け業者の体質は、仕事を確保するためには元請けの無理を承知で受けなければならない立場にあることと、自らそのような体質に嵌ってしまっている傾向も充分見られる。

 競争激化の業界が、品質を無視してまでコストを下げなければ生き残れない状況に、歯止めをかけるためにつくられたのが建築基準法です。この建築基準法とは、この基準以下の建造物はつくってはいけないと言う、「最低基準」であることを認識できない業界体質に成り下がってしまっているのも残念なことだと思います。
[PR]
by hokushin-f | 2005-11-30 17:21

新建新聞社主催 中国大連建築建材視察商談ツアーに参加してきました

 11月23日15:20 大連空港に到着、到着後、宿泊先の日航ホテルで18:00から、早速、翌日の主な視察工場の予備知識を得るための説明を兼ねた夕食会。
 大連はかなり寒いと聞いてはいましたが、意外と暖かくこれも地球温暖化の影響かなと思わず思ってしまう。実際に工場見学した3日間ほとんど寒さを感じませんでした。
 24日 7:50集合 8:00出発 
○ フローリング
・大連嵩源木有限公司
○ 木製(単板)ドア、建具
・大連盛友門業有限公司
○ 壁・パネル
・大連宏益木有限公司
○ 窓枠他
・大連盛朋窓業有限公司
・大連龍華木業有限公司
○ 家具他
・大連野田木業有限公司
この日は6社の工場視察、かなりハードな見学会でした。ホテル到着後、研修会をかねた夕食会、各工場の総経理クラスが多数参加してくれました。

 25日 7:50集合 8:00出発と今日もかなり早めの出発。
○ 樹脂サッシ
・大連実徳有限公司
・大連市新型企業有限公司
○ システムキッチン
・山田建材有限公司
・大連江欣厨拒制造有限公司
 この日は4社の工場視察、昨日に引き続きかなりハードな見学会。これまでの工場を見せていただいた限りでは、とにかくドデカイ工場ばかり、しかも出来立てのほやほや、社歴が7~8年がほとんどです。
 この日もホテル到着後、研修会をかねた夕食会、研修会参加企業同士も盛んに話が弾み、それぞれの人たちの中国建材等の取り組みなど、和気相あいに話し合っていました。
e0024795_17235065.jpg















 26日はそれぞれの企業がターゲットとする商品をグループごとに参加。私は昨夜少々体調を崩し、午前の見学はリタイア。午後から王さんと約束をしていた玉石の見学へ。
 こんな紹介のしかたは大変失礼かも知れませんが、王さんは先日のビックサイトで紹介いただいた、在日22年の日本語がべらべらの親善大使みたいな人。とにかく通訳がうまく、建材の知識も豊富。我々の立場に立っての考え方で信頼できるアドバイスをいただき本当に感謝します。
e0024795_17251621.jpg
















e0024795_17261582.jpg





 夜は、王さんの計らいで「大連賓館」で日本食をいただきました。大連賓館は97年前に建てられた歴史的建造物です。食事後一般の人ではなかなか入れない大広間で記念撮影。現地事務所の周さんにも大変お世話になりました。
 今回の研修会で感じたことは、中国は全てがビックで新しい。そして、猛烈な突進をし続けている様子を垣間見る事ができました。
e0024795_17302543.jpg















 27日 朝6時モーニングコール、45分ホテルをチェックアウト、大連空港へ。とにかくいそがしい研修旅行ではあったが、中国建材の実情とこれからの対応について、かなりの勉強になりました。
[PR]
by hokushin-f | 2005-11-27 22:10

耐震強度偽造問題

耐震基準数値の26~56%とは、凄まじいばかりの計算数値を出したものである。建設業界のコストに対する過激の競争が、エスカレートして少しでも安く作らないと受注につながらない。としても、設計者の良心は仕事さえ貰えればいいと言う感覚が全てを優先してしまったのではないだろうか。

設計段階においても、施工段階においても検査の目をかいくぐって、とにかく検査さえパスして引き渡してしまえば、あとはお構いなしがこの業界の常識でもあったと言える。

震度5強で13棟倒壊の新聞の見出しは、そこに住む住民ばかりでなく、多くの人の恐怖を感じる。
現在の報道では姉歯事務所関与の建物に特定されているが、これほどひどくないにしろ、これに近い建物は無数に近いのではないかと思う。

 国土交通省は、構造計算書の偽造に関する問題で、該当する物件のうち船橋市と川崎市の2物件を公表した。その他の12物件については、11月17日午後より各特定行政庁から「危険性がある可能性がある」旨を所有者に対して連絡を始めている。今後、構造計算の再計算の結果や設計者・施工者からの報告も含め、危険性が明確になった時点(来週中を目途)で、同様に公表を行う予定。

今回公表した物件

船橋市の物件 「湊町中央ビル」 船橋市湊町2-14

川崎市の物件 「グランドステージ川崎大師」 川崎市川崎区中瀬3-21

11月22日 新建新聞社 メールマガジンから
[PR]
by hokushin-f | 2005-11-23 16:54

11月16日(水)の高齢者介護施設(デイサービス)と地域コミュニテーの続きです

・ 排泄行為の介助。
 我々が生命として生きるためには、空気中の酸素と食物摂取による栄養素の確保が必要です。
 一般的に空気と食べ物があればとりあえず生きる事は可能ですが、生きるためのもう一つの大切な要素に気がついていないような気がします。
 その大切な要素とは、排泄行為ではないでしょうか。あまり日常では使われないですが「排泄の快楽」と言う言葉があります。
 例えば、トイレに行きたいのに我慢をしたり、便秘になってしまったりした時、排泄後に気持ち良く感じるのが「排泄の快楽」です。また、五体満足で普通の生活をしている限り、誰しも気が付かない、生きるための基本要素でもあります。
 我々が人間として生きるためには、空気と食べ物そして、適切な排泄行為が必要です。ここで重要なのは、オムツをあてがって寝かせられているのは、生きるために必要な排泄行為を奪い取られている状況であり、本来の介護ではないと思からです。人間が動物である事を忘れてはならない、生きるための三要素の一つではないかと思います。
 このような重要な排泄行為が自力できる施設(機能)をつくり、身体の自由がきかなく寝たきりになった高齢者が、自分の力による排泄が再びできる介護が、これからますます加速する高齢化社会に必要不可欠のサービスとなると思います。

 『森林浴のできる家+全室床暖房』の家は、『老後自己防衛しながら一生住める家』と言う一般的にはまったく取り組まれていないテーマに研究を重ねています。誰もが迎えなければならない高齢期に対処するため、寝室や居間など、どこでも簡単に水洗トイレが安い費用で取り付けられる工夫がなされています。
 また冬季に起こりやすいヒートショックは、全室床暖房ほか、弊社が独自開発した、『シックハウス対応型ユニットバス』にも床暖房が施設されるなど、温熱環境対策には万全を期しています。
[PR]
by hokushin-f | 2005-11-21 22:12 | 高齢者介護施設

長野県住宅協会・京都研修旅行に参加しました

 17・18日の2日間、毎年行われている長野県住宅協会・京都研修旅行に参加してきました。一昨年に引き続き今回は二度目の参加となります。
 今回のメイン研修は桂離宮です。約30名の参加者が8班に別れ見学してきました。4人で1組にわかれ厳重な管理の下、およそ2万坪の庭園を巡回します。
 桂離宮の参観は2班8名のみに限定されるため、初日は時間調整のため仁和寺を見学した後となりました。
e0024795_1149436.jpg




桂離宮遠景
紅葉には少し早かった。










e0024795_1150206.jpg



桂離宮の床下は当時の桂川に氾濫を予期して高くなっている。石のうえに柱が直接建てるため土台がない。床下の部分は土壁によって強度を持たせているそうです。

 その日の見学を終え宿泊は八坂神社近くの「坂の上」旅館に付いたのは6時頃でした。宴席では舞妓さんと芸子さんの優雅な舞踏を見て、その後記念撮影しました。
e0024795_1272366.jpg















 翌日は銀閣寺東山慈照寺の特別参観しましたが、特別参観とあって、住職の挨拶も頂き銀閣寺本堂以外の全てを見学させていただきました。
 昨日の桂離宮以上に東山文化の「ワビサビ」の一部に過ぎないと思いますが充分堪能させていただきました。そして、この日の混み方はとにかくものすごかった。
e0024795_1158586.jpg



銀閣寺の庭園も素晴らしい。
湧き水を生かした細い小川がいく筋も作られ、里山の雰囲気が感じ取れた。



 昼食は清水産寧坂「坂口」清龍苑で食事後庭園を散策して、ここで桂離宮の昭和の大修理を手がけられた、安井清先生の修理についての専門的きめ細かな説明と、離宮の歴史ついてや様々な苦労話など、ただの観光的見学にはない大変有意義な勉強をさせていただきました。
 安井清先生本当に有難うございました。またこの企画を組んでいただきました新建新聞社さん大変お世話になりました。
e0024795_1255520.jpg

安井清先生の講演は、桂離宮昭和の大修理の実話であり、研修する人たちの耳目を一身に集めました。






e0024795_12165555.jpg


昼食と講演会場となった清龍苑「坂口」の庭園と茶室。
[PR]
by hokushin-f | 2005-11-18 23:39 | 旅日記

高齢者介護施設(デイサービス)と地域コミュニテー

【介護施設の概要】
 今回開設します介護施設は、土地400坪 建物 平屋建て60坪 車庫15坪 豪華な日本庭園がついた、約10年前に建てられた高級住宅を改造したものです。
 平屋建て60坪の母屋の2/3程度を大幅改造し、森林浴のできる家と同等の室内空気環境を確保すると共に、床暖房工事も施設使用内の全てに施工いたしました。
 母屋の裏に隣接する車庫15坪は、岩盤風呂室(5人収容)、シャワー室2箇所、浴室1箇所、トイレ2箇所に改造し、母屋との間に廊下を新設し接続いたしました。
 日本庭園は、リックグロッセさん=ベルギー生れのベイザジスト(植物を中心とする空間設計家)による改造が行われ、ガーデンセラピーの効果が期待できます。その他、隣接する農地400坪の借地による、菜園で趣味の野菜つくりができます。

【施設における介護サービスの内容】
 介護される側である「物言えぬ高齢者」のために、これまでの護内容に取り入れられていなかった新しい3つのサービスを主体にしたサービスを試みたいと思います。
・ 高齢者のストレスを解消します。
 意外と周りでは気が付かない重要問題として、高齢者のストレス問題があります。高齢期になって身体の自由がきかなくなると、それだけでもストレスがたまります。ましては寝たきりやそれに近い状況であれば、ストレスは極限に達していると思われます。
 また、高齢者を介護する立場の人達も、身体的あるいは精神的負担がストレスを生み、結果的にはそのストレスも介護受けなければならない高齢者に上乗せされます。
 このような状況の下、介護を受ける高齢者のストレス解消を目指します。
 対策1として、施設内の空気環境を『森林に近い空気質』にする事で、脳細胞を活性化します。
 対策2として、家族内の限定された人間関係から、『介護ボランティア』の人達とワイワイガヤガヤ楽しく過せる組織とシステムつくり。

・ 細胞の活性化促進をサポートします。
 『岩盤風呂』による細胞の活性化。高齢者になると「寒がり」になったり「汗をかかない体質」になったりします。
 人体の細胞はおよそ60兆個を上回るとされ、それらの細胞は28日を周期に入れ替わります。一番長持ちする細胞でも8ヶ月程度で入れ代わり、これを「テロメア現象」といい、人間のDNAでは120歳まで行われる設計になっているそうです。
 私たち動物細胞のエネルギーは、空気中の酸素と食物摂取から取り込まれる栄養素、この栄養素を形成する炭素を消費して、細胞のエネルギーとしています。
 体温の低下や発汗作用の減少は、細胞の不活性状態であり、岩盤風呂による温熱作用は体力のない高齢者の細胞の活性化に貢献できる要素を持ち合わせています。

・ 排泄行為の介助
 次回のブログで書きたいと思います。
[PR]
by hokushin-f | 2005-11-16 21:11 | 高齢者介護施設

営業会議 ビックサイトでの展示から

 先週ビックサイトの「まちづくりメッセ2005」に出展についてと、先週1週間の営業内容について会議しました。
 とにかく「まちづくりメッセ2005」に出展したことは、大いに勉強になりました。いままでこのようなイベントにはほとんど経験がなく、最初は少なからぬ戸惑いがありましたが、若手が中心になって弊社のオリジナル技術で開発した、『耐震気密エアーパネル』『空冷式省エネルーフ』『銅パネルシームレス銅配管・床暖房システム』を組み合わせた展示品を製作してくれました。
 また、会場で配る資料など即席的なつくりでしたが、まあまあのできばえのモノでしたが、一応格好が付く形でできあがりました。
 そして、地奨住建株式会社さんの『初芝くん』も展示していただき、自然環境に対しての取り組みをアピールする事に協力を頂きました。

 この「まちづくりメッセ2005」に出展し、気が付いた事を今日の営業会議で報告すると同時に、今後の営業戦略の方向付けが多少なりとも見えてきたようです。
 今回目を引いたのが「第2回耐震補強フォーラム」のイベントもあって、地震に対する「耐震システム」の技術を各社がそれぞれのノウハウをアピールしていました。
 なるほどいろいろな施工方法があるものだな・・・ と、見学をさせて頂き、他社の技術のレベルをじっくり見ることができました。

 今日の営業会議では、他社の技術のレベルと弊社で開発した『耐震気密エアーパネル』と『耐震ドライピット基礎』の違いを説明すると共に、まず、営業の第一歩のツールにするべきであると話し合いました。
 何故ならば、基礎構造と躯体構造の組み合わせによる耐震技術は、他社の技術とはものすごく違うと実感できたからです。とにかくこの違いをお客様に理解していただける工夫をすることで、営業実績を伸ばす原動力にしなければなりません。
 『耐震気密エアーパネル』と『耐震ドライピット基礎』の技術的違いを家つくりに不慣れなお客様に理解していただける資料つくりをそれぞれ提案し、それをまとめることと、今週の営業内容に生かすことになりました。

 このイベントに出展の機会をいただけた新建新聞社さんには本当に感謝いたす次第です。また、今回のイベントに積極的に協力してくれた社員にはご苦労様でした。
e0024795_0325862.jpg















e0024795_0275468.jpg


























e0024795_0283885.jpg
[PR]
by hokushin-f | 2005-11-15 00:32 | 地震に強い構造

東京ビックサイトに行ってきました

 11月8(火)~11日(金)の4日間、東京ビックサイトで開催された『まちづくりメッセ2005』出展参加させていただきました。
 主催:新建新聞社 後援:内閣府・外務省・経済産業省・国土交通省・農林水産省・環境省など、まちつくりから地域再生へと、多数の方たちの実践的な経験をアピールされる場となりました。
 また、多数の企業が耐震補強フォーラムから大地震に対して、「命を守る」から、「まち継続計画」へ~と題して、耐震補強装置が数多く出品されていました。

 弊社でも今回の出展を「耐震ドライピット基礎」「耐震気密エアーパネル」の耐震技術の中から、「耐震気密エアーパネル」を主体に床暖房・空冷式省エネルーフのサンプル展示を行いました。

 ≪空気だけで断熱する≫「耐震気密エアーパネル」は、誰も気が付かなかった新発想です。空気の熱伝導率は0.020kcal/m・h℃と、現在市販されているほとんどの断熱材より優れた数値を持っています。
 この空気の熱伝導率の低さを応用する事で、生態や環境に最も優しく、しかも高性能な断熱方法が生れます。
 化学物質を用いた断熱方法は、断熱性能は確保できても生態と環境には大きな負担をかけることになります。

 人体に及ぼす影響として、健康被害と精神的被害までに及んでいるのではないかと、個人的仮設を想定してみました。
 健康被害としては、社会的に認知されつつある化学物質過敏症=シックハウス症候群の重要要因に上げられます。また、あまり認識されていない精神的被害として、「キレル子供たち」や「犯罪の低年齢化や凶悪化」など、現在社会が抱える精神的ストレスが、室内空気環境の劣化による脳細胞の不活性状況であるのではないかと思っています。

 報道に盛んに取り上げられてる、アスベスト問題が大きな社会的問題を投げかけています。アスベストによる肺気腫や発がん性問題など、特定された健康被害の要因が現実問題化しているからではないでしょうか? 『疑わしきは罰せず』では、人工的環境つくりから生じる化学物質過敏症や精神的ストレスは、手に負えない状況を来たすのではないでしょうか?・・・

 「耐震気密エアーパネル」は、頑丈な躯体構造を構成し、耐震能力を大幅に強めるばかりでなく、高性能な気密と断熱が発揮され、その上、壁面全体が『皮膚換気』自然環境型断熱構造となります。このような構造から『森林浴のできる』空気環境が生れます。

 空気の熱伝導率がアスベストやグラスウールそして高性能な化学系断熱材に比べ最も低い数値であることをご理解いただけたでしょうか?・・・
[PR]
by hokushin-f | 2005-11-12 16:30 | 地震に強い構造

森林浴のできる家について、チョット紹介をしたいと思います

 『森林浴のできる家+全室床暖房』の家の、主な特殊技術。

 「室内空気環境の違いが実感できる」は『森林の空気にほぼ近い室内環境』のため、
人体60兆個の細胞の活性化が空気の質によって生まれる健康住宅技術

① 「精神安定効果が実感できる」は、脳細胞が活性化するためには、細胞膜を通過できる酸素が必要です。呼吸作用によって体内に取り込まれる空気の質によって、気分が良い・朝、目覚めがスッキリする等の実体験が即理解できます。脳細胞は身体全体の2%程度に過ぎませんが、酸素消費量は全体の20%も消費します。

② 「生活臭やタバコ等のいやな臭いがすぐ消えてしまう」は、室内空気質が空気中の臭素を自然電解するため、通常のくらしの中で、タバコや生活臭など、いやな臭いを感じない生活ができます。

③ 「チリ・ホコリが減少する」は、室内空気中のチリ・ホコリの浮遊を極端に減少するため、喘息は即日効果が見られ、アトピーも数年を要しますが大きく改善が見られます。

④ 「音響効果が抜群、いい音が聞こえる」は、音は空気の振動であり、空気の質と空気の振動を受ける、床・壁・天井の材質に含まれる水粒子が、森林の中で聞こえる音に近づきます。この様に空気の質は、生物機能の聴覚細胞まで影響を及ぼします。オーディオマニアや楽器演奏をされる方は音響を絶賛してくれます。

 『森林浴のできる家+全室床暖房』の家の、ほんの一部についての紹介です。明日からは、ビックサイトで『まちつくりメッセ2005』に行って来ます。その報告は土曜日にしたいと思います。
[PR]
by hokushin-f | 2005-11-08 23:13 | キレイな空気で暮らす

群馬町保渡田のデイサービス用介護施設の検査予定日が決まる

 群馬町保渡田のデイサービス用介護施設の概略完成予定を11月15日とし、工事が着々と進んでいます。
 母屋部分の内装はほぼ完成。現在岩盤風呂・シャワー室・浴室・トイレの別棟=15坪位の車庫を改造。給排水給湯の配管工事や土間の断熱工事。そして、岩盤風呂用の温水配管工事。その他の部分も全て床暖房配管で、床仕上げは「サビ石」になります。
 岩盤風呂は「麦飯石」を床に敷きつめ、この「麦飯石」を通過する熱エネルギーが遠赤外線の波長に変換され、人体の細胞を活性化させてくれるようです。

 高齢者になると「寒がりになる」また「汗をかかなくなる」このような状況に陥るのは、人体60兆個を上回る細胞の不活性状況があげられると思われます。
 人体の細胞のほとんどが28日周期、長いものでも8ヶ月の周期で入れ替わるそうです。これを「テロメア現象」と言い120才まで、細胞の入れ替えが行われるようにDNAが設計されているそうです。

 体温が高い体質の人は、細胞内に保存蓄積される「栄養素=炭素+水」と呼吸作用によって血流内に取り込まれる「酸素」が細胞内で結合できると発熱するため、体温を維持できます。このときの炭素と酸素は「炭酸ガス」となり、呼吸作用によって体外に排出されます。
 また細胞内の栄養素は、炭素消費から水があまるため、「発汗や尿」として体外に排出されます。
 汗をかかない冷え性な若い人、あせも(汗疹)ができない環境の中にいる赤ちゃん。人体の発汗機能は生態の重要な機能です。大いに汗をかくことをお勧めいたします。

 車のエンジンもガソリン「炭素」と空気中の「酸素」を消費します。内燃機関は膨張エネルギーの利用だけで、この時発生する熱エネルギーは空気中に廃棄=エンジンからの廃熱は、ヒートアイランド元凶となります。排気ガスについては、世界中で問題視していますが、廃熱についてはあまり関心を持っていないのかな?・・・
 火力発電所の石炭や重油「炭素」は空気中の「酸素」を消費し、発熱エネルギーでタービンを回し電気エネルギーに変換しています。
 私たちの細胞を生かすエネルギーや、エンジンや火力発電のエネルギーも、炭素と酸素を消費する事に共通します。
 エネルギーの浪費とは、空気中の酸素も消費しています。
[PR]
by hokushin-f | 2005-11-06 13:52 | 高齢者介護施設