<   2006年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「耐震気密エアパネル」の検査結果がでました

 3月20日に財団法人建材試験センターで、品質性能試験が行われていた「耐震気密エアパネル」の結果がようやく届きました。
 昨年、断熱空気層を3層にした「耐震気密エアパネル」は、思わぬ好結果が示され、今回4層に分けた空気層の新型「耐震気密エアパネル」は、念願である断熱区域Ⅰ(北海道)に何と数値上わずか0.095W/㎡・K 及ばない0.625W/㎡・Kという検査結果の通知が送られてきました。
 今回のこの結果を得て、空気による断熱能力のすごさを改めて認識できました。0.095W/㎡・K の数値は、4層ある空気層の一つに数ミリ程度の空気層を増やす事で、必ずクリアーできると確信を得る事もできました。

 新建新聞社出版部の若林さんと塚田さんが「森林浴のできる家」出版について、表紙のデザインを含め最終打ち合わせに来ていただきました。
 タイムスケジュールもいよいよ秒読み段階となりました。塚田さんには大変ご協力いただきまして本当に感謝いたします。
[PR]
by hokushin-f | 2006-04-14 22:13

社員会議は第一金曜日午後6時半から始まります。

 新年度 第一回の社員会議
 今日は4月とあって、新年度の初月です。今年入社したニューフェイス男子2名女子2名です。
 まず新人4人の自己紹介、そしてこれまで顔合わせの無かった先輩社員の紹介から始まり、新年度を迎えた折を期に、会社からの目標や要望など、会議を進行しました。
 遠隔現場システムと原価管理システムの融合と、これを推し進めるための社員からの日報を携帯メール化について、とにかくこのシステムを改善し、より完璧な使い方へと努力しなければならない。
 そして、コンサルタントの松本さんの全社員への紹介。「森林浴のできる家」の性能や品質のすごさ、現場のきれいさや基礎の完成度のすごさなど、建築業界の常識から比較できないほどの優れた品質であると指摘され、「森林浴のできる家」は必ずものすごく売れる家であると、お話をいただきました。
 その後、今後の現場管理システムの運用方法は、担当営業が主体になって、展示場から現場への指示を行い。担当大工が現場打ち合わせのサポートを責任もって行くことなど、具体的な運用方法を確実なかたちにする話し合いが行われました。
 遠隔現場管理システムは、これに関係する営業社員や設計担当がきめ細かな作業分担を明確化し、それぞれの指示ミスや手配ミスなどが起きないように、過去の事例をもとにジャストインタイムな発注や工程が、より簡単に運行されるノウハウがびっしり入っています。
 この遠隔現場システムを使いこなすことで、社員一人ひとりが品質向上の重要さ、そして徹底して無駄を省くことの重要性、必要性を理解できるよう優れた機能を満載しています。
[PR]
by hokushin-f | 2006-04-08 22:40

営業会議の内容に大きな変化が見えてきた。

 毎週月曜日の定例営業会議に大きな変化が見えてきました。どちらかと言うと弊社の営業スタッフは、遠慮するタイプの営業姿勢が主体となっていた。それはお客様に強引な営業は迷惑ではないか・・・?と、気配りをしすぎる傾向が強かったのではないかと思います。
 また「森林浴のできる家」は数々の特徴を持ち、これらの多すぎる特徴をお客様に理解していただく工夫が広範囲になりすぎて、一つひとつの技術がはっきりと伝える事ができなかったのが原因であると確信がもてました。
 とにかく他社ではまったくまねのできない特許技術が数多くあるので、その一つひとつを順をおってきめ細かにお客様に理解していただく営業に全力を傾けていきます。
 昨夜の営業会議でも午後8時から12時近くまで、住宅営業のプロである松本さんにじっくり講義をいただき、「信念を持った営業」それを実行するためのノウハウを教えていただき本当に有難うございました。貴重な営業談義は弊社のスタッフに「目の輝き」を与えていただき、これからの大変化を期待できると確信いたしました。
 今日の営業スタッフのお客様に対しての接客が、楽しそうに生き生きと感じられるのは、本当にいい結果であり、必ず良い実績が生れるものと松本さんには心より感謝するしだいです。
[PR]
by hokushin-f | 2006-04-04 21:48

入社式

 今日は、新入社員女子2名と男子2名が初出勤しました。
 朝9時15分前に社会人ピカピカの1年生が展示場に出勤。彼らの新しい一日の始まりです。
 それぞれ緊張の中、朝の挨拶、そして自己紹介へ、展示場の社員達も自己紹介をしながらざぁーと、展示場の雰囲気を感じさせました。
 今日は営業のプロである松本さんを中心に、北辰住宅の会社のあり方の説明や新入社員の心構えについてなど、体験宿泊棟を使い研修を致しました。
 とりあえず、女子2名は営業サポートと設計の業務にあたり、男子2名は現場に配属となります。
 これまで北辰住宅が23年間、この業界で素晴らしい育て方をしていただいたように、今度の新入生がよきスタッフに育っていけますよう、お客様を始め、関連する業者の皆さんや社員の協力をお願い致します。
[PR]
by hokushin-f | 2006-04-01 20:07