チーク材の彫刻入りR型引き戸

8月8日日曜日、Kさんが来店してくれました。K邸は、6月に着工して7月末に上棟した家です。今回来店してくれたのは、玄関からリビングへのドアについての打ち合わせです。K邸は、リビングの中に八畳の和室が書院付きで重厚に構える設計です。もちろんリビングは洋室の仕様となるため、このドアが室内全体のバランスを取るために、大きなポイントになって来るからです。
書院付き和室は、ケヤキの7寸柱3本とケヤキの差し梁2本を漆で仕上げる豪華なつくりです。私がKさんにお勧めしたのは、チーク材の彫刻入りのR型引き戸です。このR型ドアは現在の展示場に使われていないため、特に実物のRドアを見ていない奥様が、ドアのイメージがつかめないため、11年前につくられたOさんの家にご案内することになりました。
O邸は、リビングはカリンの床と漆喰壁、吹き抜けの天井は杉の無垢板で、このR型の引き戸で玄関を挟んで和室とバランスよく調和して、自然素材特有の「年数が経過するほど味わいが増す」状況になっていました。
11年経過した自然素材の本当のよさを目のあたりにして、R型ドアのデザインや品質、このドアを使いやすさを重視した引き戸に設計する斬新さなど、即気に入っていただきご夫婦そろってものすごく満足していただきました。
また、Oさんとは住み心地や使い勝手など、いろいろと話も弾みました。そして、11年経過した床や漆喰壁のきれいさに改めて自然素材のよさを理解していただけました。後日、K邸の現場写真で見ていただきたいと思います。


カリンの床材に植物油を塗ると、最初は見栄えがよくありません。極端な言い方をすると赤黒くて艶もないため、汚いと表現する人もいるくらいです。しかしこの「醜いアヒルの子」が5~6年後には、見違えるばかりの艶が出て、赤黒い汚い色が黄色みを帯びた、なんとも言えない自然の美しさを見せてくれます。
この床の手入れは非常に簡単。床が汚れたら雑巾を固く絞った水ふきでOK できることなら、ひと瓶1000円くらいの小さな椿油を布にしみこませ、乾拭きしてください。この布は、タッパーで保管すれば何回でも使えます。また床にシミが付いてしまった場合、その部分に椿油をつけ、目の細かいペーパーで軽くこするだけできれいになります。
カリンの床は衝撃や傷に強く、かなり荒っぽい使い方をしても平気です。また「温水式床暖房」に対応できる、ごく限られた無垢の貴重な床材です。
現在一般に使われているフローリング材は、取り付けたときが最高にきれいに見えるように加工されています。しかしこのきれいさは何年も持ちません。それは表面に塗られた化学塗料が、光や熱のエネルギーを受け続けて化学分解するからです。この劣化現象による空気汚染が、目には見えない揮発性有機化合物(VOC)によるものです。私たち人間の五感では防御できない、忍び寄る「見えない危険」となります。
また、フローリングの平均耐久年数は約25年程度と考えるべきでしょう。カリンの床材の800年前後と、まったく比較にならない耐久年数の短さです。
[PR]
# by hokushin-f | 2005-08-09 18:35 | 自然素材

ローン終了年には高齢者になっているのでは?

前回お話したように、ほとんどの人達が、働く期間のおおよそ40数余年のうちで、30年前後ものローンを利用しています。そして、もう一つの重要問題として考えなければならないのが、40才で30年ローンを組むと、支払い終了年が70才になっている現実に直面しなければなりません。このような現実を他人事のように思っている人が、意外と多いのにも驚かされます。確かに自分の高齢期を想像するのはいやな事です。しかし、住宅ローンが終わる時の年齢も、充分考慮することから、家つくりの基本が理解できるのではないでしょうか。
もし、ローンの終了年がハッキリ理解できていれば、まず、最初に住宅の耐久年数に興味が注がれます。しかし、ほとんどの住宅メーカーや建築業者が、「高耐久住宅です」と宣伝しているため、何となく「大丈夫ではないのかな?」と思い込んでしまい、将来の事より、現実問題に目がそらされてしまっています。
最低限の修理費で100年以上持続できる家の重要性は、
家を取り壊す時に発生する、解体分別作業エネルギー及び、産業廃棄物処理エネルギーなど、小さな一軒の家でもかなり大きな資源の浪費を目のあたりにする事になります。
日本の住宅の平均耐久年数が短い事は、経済の繁栄には貢献できると思いますが、マイホームを維持する人や、環境には大きな負担をかける事になるのではないでしょうか。
北辰住宅技研では、何故住宅の耐久性が短くなるのかを徹底的に追及し、その改善の研究を重ねてきました。
耐久性を長くするためには、自然素材を選定しなければなりません。
天然木であるカリンの床材は、八百年位はもつそうです。漆喰壁は、キトラ古墳・高松塚古墳の壁画で千二~三百年もの歳月を経過しています。杉板天井にする事で、三百年くらいは充分もつことは間違いありません。要するに自然素材を選定することで、修理費が極端の減る事は間違いありません。
これらの自然素材と比較して、人工的に加工されたフローリング(床材)は、25年前後でブカブカの状態になり、床の張替え工事では、何百万円単位の費用がかかります。壁や天井に張られるビニールクロスも、施工時は価格も安くきれいに仕上がりますが、汚れや劣化によって、見栄えや耐久性はかなり短いものとなります。
耐久性の短い部材は、簡単に交換できる工夫をする。
特に設備や空調関係は、人体に例えれば、動脈(給水・給湯)や静脈(排水)そして、体温調節機能(暖房・冷房)に匹敵する重要な部材です。しかし、我々人間がつくり出した工業製品は以外と耐久年数が短いのです。20~30年前後で劣化してしまう部材を「交換不能」な状態で施工しているのが一般的です。「床下で作業できる高さ」の基礎構造が、将来発生しうる配管などの交換に大きな威力を発揮してくれます。

筑後70年近くも経過しているにもかかわらず、水まわり部分がなかった昔のつくりの母屋では、低い床下でも何のトラブルもなく、現在まで持続する事ができました。
F邸の床下部分

e0024795_18525858.jpge0024795_18531613.jpg










この当時に使われた材料は、土台が栗材、畳下地材は杉板と自然素材であるため、耐久性にはまったく問題がない状態を保っています。
[PR]
# by hokushin-f | 2005-08-07 19:19 | 老後住める家

住宅ローンは30~35年と長期に渡ります。

家つくりとは? ほとんどの人達が、働く期間のおおよそ40数余年のうちで、30年前後ものローンを利用して、ようやくの思いで手に入れるのがほとんどではないかと思います。要するに働く期間の3/4も住宅ローンが付きまとっている訳です。
しかし、これらの負担を意外と軽く考えている風潮も見受けられます。住宅ローンは生活するための必要最低限の経費と考えられているなど、ごく普通にこの長期ローン利用して念願のマイホームを手にしています。ただし、ここで注意しなければならない点を住宅の耐用年数にしぼって、いくつか上げたいと思います。
高額のリホーム代金を支払うか、それとも建てかえをしようか?
住宅の修理費と耐久年数は大いに関連します。25~30年後、多額な修理費用がかかるとしたら、建てかえかリホームの選択をしなければなりません。現在建てかえられている家のほとんどが、建築後25~30年前後が圧倒的多数を占めています。
現在一般的につくられている住宅も、建材の耐久年数や施工技術を見ると25~30年あたりで高額の修理費が必要になってくるつくりになっています。そして、ハウスメーカーや建築会社のほとんどが「高耐久住宅です」と宣伝されていますが、修理費がいっぱいかかる高耐久住宅になるのは間違いありません。
修理費や耐久年数の実態と現実は、これから家を購入しようとする人には知らされていません。このような現実を知ったら無理をして住宅ローンを組めなくなってしまうからです。
あるハウスメーカーでは、10年後有料メンテナンスを受ければ20年補償します。20年後、また有料メンテナンスを受けることで30年保障もします。実に長期に渡っての安心感を提案しているわけですが、その有料メンテナンスは一体いくらかかるのかを明確に示していません。極論かもしれませんが、新築時に多額の資金を注ぎ込ませ、その上メンテナンスと言う名目で、二重三重の費用を巻き上げてしまうシステムを構築しているのではないでしょうか。このような状況は、リホームについての知識が乏しい施主にとって、今問題になっている悪徳リホーム業者と、ほぼ同次元の要素をはらんでいる可能性も強く感じ取れます。
最低限の修理費で100年以上持続できる家
修理費が最低限で済むような資材の選定と施工技術が、結果的には100年以上持続できる家のつくりとなります。
「森林浴のできる家+全室床暖房」の家は、最低限の修理費で100年以上持続できる家をテーマに、使い捨てに近い資源の浪費を重ねる家つくりと決別し、環境に貢献できる家つくりを提案して行きます。これから手がけるF邸のリホーム状況を工事進捗状態に合せて、施工内容をお知らせしていきたいと思います。

e0024795_20371291.jpg

e0024795_20381498.jpg


F邸およそ70年、今まで住んでいた状態 05年7月撮影

e0024795_20384591.jpg
e0024795_2039198.jpg


リホームのための解体状態 05年8月5日現在

北辰住宅技研の高耐久特殊技術が
70年の歳月に耐えてきた家をこれから100年以上持続できる家にリホームを開始します。
[PR]
# by hokushin-f | 2005-08-05 20:41 | 家つくりについて

家つくり概要

 家つくりとは? と定義してみると、現時点での状況ではハチャメチャ、住み方もつくり方も多種多様で混沌としています。
 この家つくりの中でハッキリしている事は、はじめてマイホームを建てようと思った時、ほとんどの人が、他の人の力を借りなければならない状況ではないでしょうか。要するに家つくりは、生活環境を少しでも快適にしようとして、大切な資金を支払って、家をつくってもらう人と、その資金を頂いて、家つくりを生業とする人に二分されます。
 もう少し詳しく言うと、資金を出して家をつくる人=施主、資金をもらって家をつくる側=建築会社(ハウスメーカー・工務店・大工・その他)と、行政(建築基準法・建築指導課)が入ってきます。
 施主は建築会社を選定できる特権を持っています。建築会社は施主に選んでもらわなければならないため、いろいろな面での努力をします。行政は規制の権限を持つため、両者に規制を加えることができます。
 大雑把に言うとこのような状況の下、施主さんは自分の家をつくるために必要な情報を入手して、その中かの一番有利な条件を見出さなければなりません。これはほとんどの人がなれない作業であるため、その中の一つを選ぶと言う事は、本当に大変な事になると思います。
 まず情報が氾濫しているようで意外と狭い事に気が付くべきでしょう。一般の施主さんが情報を入手できるのは、大手ハウスメーカーがほとんどであり、その例として、誰もが気兼ねなく見て、触って感覚を体験できるのが、ごく一部の情報源である展示場です。
 しかし、このごく限られた展示場が発信する、様々な情報だけでも何を持って基準にすべきか、はじめて家つくりを体験する施主さんにとって、何が良くて何が悪いかの判断もほんの少ししか理解できないと思います。
 例として、
高気密工断熱の家を選択の一部と考えました。実際に住んでいる人の体験談など聞いたところ、とにかく冬暖かくて省エネだと絶賛しています。しかし良く考えて見ると、今まで住んでいた家が隙間だらけでものすごく寒い家のため、この人は冬暖かいだけで充分満足の評価をしているのかも知れません。
 何を言いたいかと言うと、暖かい家に現在満足の評価をしている人も、いずれかの時に、ここがおかしい、あすこも変だと気が付く時が必ずあると思います。家つくりはもっと違った部分から研究していくと、まったく新しい要素が見えてくるものです。とっつきやすい表面的なものだけではなく、目に見えない危険な空気環境に、生態の一部である人間が安全で快適に暮らせる事まで考えるべきでしょう。
[PR]
# by hokushin-f | 2005-08-03 17:27 | 家つくりについて

はじめまして

 今日からブログをはじめる事になりました、よろしくお願いします。
 最初にブログをはじめるきっかけを簡単に書き込みたいと思います。現在、私は「森林浴のできる家+全室床暖房」と言うテーマを持った建築会社を経営しております。ご存知のようにこの業界は非常に激しい競争の下にさらされています。そして、熾烈な建築業界の中で、22年にわたりほとんどゼロの状態からスタートし、現在までの事業継続が得られたのも、弊社の家つくりの理念がお客様に支持していただけた結果であり、深く感謝する次第です。
 弊社が理念とする家つくりのノウハウは、この業界の激しい競争の中で、会社を何としても存続させるために取られた「生き残り戦略」であり、試行錯誤の中での工夫と努力の大いなる成果と言えます。簡単に言えば、ぬるま湯的な業界であったならば「森林浴のできる家+全室床暖房」の家つくりは、日の目を見ることはなかったと思っています。
 このような家つくりの過程で得られたノウハウは、大きく言うと環境問題、個人的な視野では健康問題です。
 現在での建築業界において、家をつくる時、また古い家をこわす時、現時点の私たちの生活を維持するための住まいにおいて、石油系のエネルギーと加工技術によって、全てが賄なわれているといっても過言ではないと思います。このような条件下、少しでも環境に負荷を少なくする方法や私たち一人ひとりの健康問題まで、私自身が経験した「自然とは?」などを掲載したいと思います。
[PR]
# by hokushin-f | 2005-08-01 17:44 | 家つくりについて