人工土壌『初芝くん』のご案内です

 月刊誌 『環境DI』 の出版編集事業本部長の名村さんと、地奨住建の吉田社長と面談しました。
 新幹線高崎着、12:01でこられましたので、早速その足で昼食を食べに行きました。その後弊社の展示場へ、今日は名村さんのご紹介で地奨住建さんが開発しました 『初芝くん』 の詳しい説明を受けました。

 この 『初芝くん』 間伐材をチップ化して、芝の人工土壌をつくると言う優れもの、屋上緑化をしてヒートアイランド現象を少しでも和らげる環境製品です。また、国産材の特に間伐材を有効利用すると言うところに、大きな意義があると思います。
国内の林業は、安い外国材に押されてしまい、崩壊状態に近いのではないでしょうか。 『初芝くん』 の人工土壌は、間伐材の有効利用では国内林業の復興の一端を担ってくれるのと、屋上緑化による環境保全では、一石二鳥の環境製品であると思います。
 弊社の展示場の小さなベランダにも施工可能と言う事で、早速取り入れたいと思います。 『初芝くん』 が施工できましたら、ご案内いたしますのでぜひお出かけ下さい。

 地奨住建さんのホームページは http://www.cjk.jp です。

 展示場でいろいろ話をした後、弊社の工事中の現場をご案内いたしました。
e0024795_19205245.jpg












 

MF邸改造現場 耐震気密エアーパネルは、空気だけの断熱特性でモノスゴイ断熱能力を発揮してくれます。
空気だけの断熱構造、公庫の断熱区域Ⅱ(青森・秋田・岩手地域)を上回る 熱貫流率0.98W/㎡・Kを大きく上回る0.81W/㎡・Kの数値を実現。(財)建材試験センターでの試験結果より。

e0024795_19193944.jpg






 70年前に建ったMF邸の工事途中写真です。
 MK邸とそのあと、群馬町の高齢者介護施設の工事途中現場を見ていただきました。
 名村さんはアフリカへ90数回行った方で、月刊誌『環境DI』の出版編集事業本部長をしています。地奨住建の吉田社長も環境について、いろいろ話が弾み有意義な一日でした。
[PR]
by hokushin-f | 2005-10-08 19:31 | 環境にいい暮らし
<< 10月10日 月曜日の営業会議... あらゆる分野に悪徳商法がはびこ... >>