夕食・カラオケ・体験宿泊棟へ

 リックグロッセさんは、ベルギー生れのベイザジスト(植物を中心とする空間設計家)とリックさんのホームページ http://www.grosse.co.jp/ に紹介されています。

 リックグロッセさんと知り合ったのは、12月オープン予定である群馬町の介護施設の改造工事中の現場でした。
 オーナーのGSさんが自宅の庭をリックさんに依頼して、洋風庭園を造ったのに引き続き、介護施設の日本庭園の改良をお願いしたためでした。

 リックさんは背が高いハンサムなベルギー人。何となく物静かな感じ・・・挨拶をすると、日本語がうまい! 自然に関して共通点がありそう・・・最初は現場の庭で立ち話、そのとき息子さんの龍太グロッセさんが通訳をしてくれる。龍太さんは日本育ちと見えて日本語は完璧、フランス語も得意として英語もOKだそうです。フランスの演劇学校から最近帰国したばかりだとのことです。

 リックさんが手がけた介護施設の日本庭園の改造は、庭園内を回遊できる思いもよらぬ発想で、実際の広さより大きな印象を受けます。いままでの日本庭園の雰囲気を残しつつ、そして自然をより自然に見せるなど、この庭園の中にいると、かなりの規模の森林公園にいるような錯覚すら覚えます。
 12月の介護施設オープン際、ぜひこの素晴らしい○ッ○庭園で、ミニ森林浴をお楽しみ下さい。

 そして10月26日(水)前回のとき約束していた食事と体験宿泊棟へのご案内でした。リックグロッセさん、息子の龍太グロッセさん、山田さん、GSさんと5人で夕食を食べ、その後みんなでカラオケに行ってきました。
 夕食は、群馬赤城牛のたっぷり入った煮込みうどん。うどんを食べた後は残った汁にご飯を入れて雑炊。遠くから見えたお客様には大変好評です。

 今日は食事の後に弊社の体験宿泊棟に泊まっていただく予定です。その前にチョット、カラオケにどうですか?・・・ 全員OK
 リックさんはビートルズ~シャンソンなど等、そして息子の龍太さんは声も歌唱力ダントツに良い! その上マスクもいいし、背も高い好青年。リックさんのところで働いている新潟出身の山田さんも好青年。GSさんそして私、それぞれノリノリになって楽しい気分でした。

 そして体験宿泊棟に着いたのが、12時少し回っていたかな? 宿泊等に入った瞬間。全員室内の空気がまったく違う!!!と絶賛してくれる。リビングでまた雑談・・・この室内空気環境がものすごく気に入ってくれたみたい。
 翌朝目が覚めたら、リックさんは鼻歌を歌っていましたと龍太さん。宿泊棟の空気の質と夕べのカラオケの余韻が、感性の強いリックさんをそんな気分にしてくれたのかな・・・と思いました。

群馬町保渡田のデイサービス用介護施設
 e0024795_15551633.jpg












e0024795_15552069.jpg











e0024795_15554532.jpg


杉の皮を繊維状にしたものを遊歩道に敷き詰める。
高齢者が歩くにも適度のクッションが人気を呼びそう。
[PR]
by hokushin-f | 2005-10-30 16:08 | 高齢者介護施設
<< 『老後自己防衛しながら一生住め... Y新聞社「くらし/家庭」 生涯... >>