松井田町S邸の耐震ドライピット基礎と床下空気層

 空気による断熱工法を徹底して実用化しているのは「森林浴のできる家」以外はまったくないのではないでしょうか?
 今回はその手順を簡単に説明いたします。
 耐震ドライピット基礎は、土台(ビバ)を使用、防虫剤(シロアリ消毒)は一切使いません。基礎そのものが乾燥(ドライ)状態になっているから、まったく問題ありません。弊社では、16年前からシロアリ消毒をしていない実績を持っています。
 土台の天端部に構造用合板12mmを張る前に、その下に40mmの空気層を設けるためにアセダス12mmを隙間なく張り込んでいきます。
 このように一般の人がまったく解からない所まで、徹底した施工を行っています。
 「百聞は一見に如かず」気軽に現場にお出かけ下さい。
e0024795_173079.jpg






















e0024795_1732825.jpg












e0024795_1735329.jpg
[PR]
by hokushin-f | 2006-01-20 22:25
<< 今日は北風の冷たい日曜日でした 阪神淡路大震災から今日で11年... >>