2005年 11月 15日 ( 1 )

営業会議 ビックサイトでの展示から

 先週ビックサイトの「まちづくりメッセ2005」に出展についてと、先週1週間の営業内容について会議しました。
 とにかく「まちづくりメッセ2005」に出展したことは、大いに勉強になりました。いままでこのようなイベントにはほとんど経験がなく、最初は少なからぬ戸惑いがありましたが、若手が中心になって弊社のオリジナル技術で開発した、『耐震気密エアーパネル』『空冷式省エネルーフ』『銅パネルシームレス銅配管・床暖房システム』を組み合わせた展示品を製作してくれました。
 また、会場で配る資料など即席的なつくりでしたが、まあまあのできばえのモノでしたが、一応格好が付く形でできあがりました。
 そして、地奨住建株式会社さんの『初芝くん』も展示していただき、自然環境に対しての取り組みをアピールする事に協力を頂きました。

 この「まちづくりメッセ2005」に出展し、気が付いた事を今日の営業会議で報告すると同時に、今後の営業戦略の方向付けが多少なりとも見えてきたようです。
 今回目を引いたのが「第2回耐震補強フォーラム」のイベントもあって、地震に対する「耐震システム」の技術を各社がそれぞれのノウハウをアピールしていました。
 なるほどいろいろな施工方法があるものだな・・・ と、見学をさせて頂き、他社の技術のレベルをじっくり見ることができました。

 今日の営業会議では、他社の技術のレベルと弊社で開発した『耐震気密エアーパネル』と『耐震ドライピット基礎』の違いを説明すると共に、まず、営業の第一歩のツールにするべきであると話し合いました。
 何故ならば、基礎構造と躯体構造の組み合わせによる耐震技術は、他社の技術とはものすごく違うと実感できたからです。とにかくこの違いをお客様に理解していただける工夫をすることで、営業実績を伸ばす原動力にしなければなりません。
 『耐震気密エアーパネル』と『耐震ドライピット基礎』の技術的違いを家つくりに不慣れなお客様に理解していただける資料つくりをそれぞれ提案し、それをまとめることと、今週の営業内容に生かすことになりました。

 このイベントに出展の機会をいただけた新建新聞社さんには本当に感謝いたす次第です。また、今回のイベントに積極的に協力してくれた社員にはご苦労様でした。
e0024795_0325862.jpg















e0024795_0275468.jpg


























e0024795_0283885.jpg
[PR]
by hokushin-f | 2005-11-15 00:32 | 地震に強い構造