2005年 11月 18日 ( 1 )

長野県住宅協会・京都研修旅行に参加しました

 17・18日の2日間、毎年行われている長野県住宅協会・京都研修旅行に参加してきました。一昨年に引き続き今回は二度目の参加となります。
 今回のメイン研修は桂離宮です。約30名の参加者が8班に別れ見学してきました。4人で1組にわかれ厳重な管理の下、およそ2万坪の庭園を巡回します。
 桂離宮の参観は2班8名のみに限定されるため、初日は時間調整のため仁和寺を見学した後となりました。
e0024795_1149436.jpg




桂離宮遠景
紅葉には少し早かった。










e0024795_1150206.jpg



桂離宮の床下は当時の桂川に氾濫を予期して高くなっている。石のうえに柱が直接建てるため土台がない。床下の部分は土壁によって強度を持たせているそうです。

 その日の見学を終え宿泊は八坂神社近くの「坂の上」旅館に付いたのは6時頃でした。宴席では舞妓さんと芸子さんの優雅な舞踏を見て、その後記念撮影しました。
e0024795_1272366.jpg















 翌日は銀閣寺東山慈照寺の特別参観しましたが、特別参観とあって、住職の挨拶も頂き銀閣寺本堂以外の全てを見学させていただきました。
 昨日の桂離宮以上に東山文化の「ワビサビ」の一部に過ぎないと思いますが充分堪能させていただきました。そして、この日の混み方はとにかくものすごかった。
e0024795_1158586.jpg



銀閣寺の庭園も素晴らしい。
湧き水を生かした細い小川がいく筋も作られ、里山の雰囲気が感じ取れた。



 昼食は清水産寧坂「坂口」清龍苑で食事後庭園を散策して、ここで桂離宮の昭和の大修理を手がけられた、安井清先生の修理についての専門的きめ細かな説明と、離宮の歴史ついてや様々な苦労話など、ただの観光的見学にはない大変有意義な勉強をさせていただきました。
 安井清先生本当に有難うございました。またこの企画を組んでいただきました新建新聞社さん大変お世話になりました。
e0024795_1255520.jpg

安井清先生の講演は、桂離宮昭和の大修理の実話であり、研修する人たちの耳目を一身に集めました。






e0024795_12165555.jpg


昼食と講演会場となった清龍苑「坂口」の庭園と茶室。
[PR]
by hokushin-f | 2005-11-18 23:39 | 旅日記